×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本サイトについて

サリーマンにとって所得が完全に把握されていますから

所得税の節税は容易ではありません。が、正しい給与所得

の仕組みやさまざまな控除を使って節税は出来ます、

源泉徴収票の見方を理解するようにしましょう。






所得税の勉強


>>さまざまな源泉徴収票について見る<<


会社から「給与所得の源泉徴収票」を渡されました、見方が分からず会計に行ったら「自分で勉強しろ」と言われました。支払い金額600万、給与所得控除後の金額430万、所得控除の額の合計額176万、源泉徴収税額25万4000円とありました、

先輩に解説してもらいました。つまり600万の収入があり所得税を25万4000円納めていることになるらしい。サラリーマンは一定の算式で求められる「給与所得控除」をまず受けられる、その他社会保険料控除・基礎控除・配偶者控除その他がありこの控除の合計額が源泉徴収票の「所得控除の額の合計額」となります

所得税は、「課税対象所得金額」=「収入(=支払金額)」−「給与所得控除」−「所得控除の額の合計」を元に算出されます。

給料上がりませんねマスコミは景気が上向いているといってましたが一部の大企業だけでないでしょうか、給料は上がらず成果を求められ残業代は出てもほんの僅か昨年からの原油高で今まで好調だった輸出企業に暗雲が漂い始めさらにサブプライムローンでアメリカ経済が失速し日本にも影響でそうです。所得税をたくさん納めるくらい給料が上がって欲しいものです。

節税
個人住民税が変わりました
サラリーマン 所得税の計算法
リンク
リンク集1
リンク集2
リンク集3
リンク集4
リンク集5
リンク集6
リンク集7
リンク集8
リンク集9
リンク集10

運営者情報

運営者情報
当サイトはリンクフリーです。

相互リンクは、主に当サイトと関連する内容がある
サイト様を募集させていただいております。

以下にあげるような内容のサイトはお断りします。

・アダルト関連の記事を扱うサイトさま

・誹謗中傷を主としたサイト

・著作権侵害の恐れがあるサイト

【お問い合わせは】
hi7005ro■yahoo.co.jp       ■を@に変えて送信してください。


プライバシーポリシー

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

海外ドラマ